サイト内を移動するためのナビゲーションです。

HOMEpolycaポリカ・ナミイタについての注意事項/各樹脂の一般物性データ

ポリカ・ナミイタについての注意事項

  1. 施工時及び補修時に波板の上へはあがらないで下さい。
  2. 表面は傷がつきやすいので、取り扱いに注意して下さい。
  3. シーリング剤を使用する場合は、ポリカーボネート専用シリコンシーライトを使用して下さい。
  4. 表面が汚れた場合は、水で約200倍程度に薄めた中性洗剤か、石けん水で洗浄し、柔らかい布で拭き取ってください。
  5. アイリスポリカ波板は、アルコール、油、塩類、弱酸に安定ですが、芳香族炭化水素、塩素系脂肪族炭化水素には溶解します。また、シンナーなどの有機溶剤や苛性ソーダなどのアルカリ性薬品あるいは、強い酸性薬品、アンモニアガスの濃度によっては透明感を失わせたり、ヒビの入る原因となりますので避けて下さい。
  6. 園芸用はご相談下さい。
  7. アイリスポリカ波板は耐候性を向上させる為、表面に特殊耐候処理を施しています。施工時には、ラベル貼り付けのある側を太陽に当たらないように取り付けて下さい。

●各樹脂の一般物性データ

試験項目 方法 単位 ポリカーボネート アクリル 塩ビ FRP
比重 D792   1.2 1.19 1.4 1.45
引張強度 D638 kg/ 600〜700 720〜770 350〜630 1050〜2100
引張伸び 85〜110 2.0〜7.0 2〜40 0.5〜5.0
引張弾性率 ×10の4乗 kg/ 2.0〜2.5 3.1 2.5〜4.2 5.6〜14.0
圧縮強度 D695 kg/ 700〜800 840〜1300 560〜910 1050〜2100
曲げ強度 D790 950〜1100 800〜1100 700〜1100 700〜2800
衝撃強度 D256 ノッチ付アイゾット・kgcm/cm 75〜100 1.6〜2.2 3.5 13.5〜104
硬度 D785   M87〜91
R122〜124
M87〜100 65〜85
(シェアー)
50〜60
(Barcol)
熱伝導率 C117 10の4乗 /cm・sec℃ 4.6 4.0〜6.0 3.5〜5.0
比熱 Cal/℃・g 0.30 0.35 0.25
熱膨張係数   10の-5乗 mm/mm/℃ 6〜7 7〜8 5〜6 2.0〜5.0
熱変形温度 D648 ℃(18.4kg/) 134〜140 71〜102 60〜77 >200
    ℃(4.5kg/) 140〜145 74〜113 57〜82
連続使用温度   110 60〜93 54〜80 150〜177
屈折率 D542   1.59 1.49 1.55
光線透過率   85〜91 92 76〜82 (半透明)
燃焼性 D635   自己消火性 可燃性 自己消火性 徐燃性
自己消火性
シンヨーポリカ波板−PNアイリスポリカシートシンヨー熱線カットポリカ波板−HC